医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛

ここ数年、男性にもニーズが高くなってきている「脱毛」。男性の脱毛希望者は硬く一日に数回剃る必要があるヒゲ、または足の濃いスネ毛・濃い胸毛などで悩んでいる方も多いようです。
脱毛と一口に言ってもその方法は様々です。
脱毛クリームもあれば、少し前まで主流だった針脱毛、そして最近注目されているのが永久脱毛と称される「レーザー脱毛」です。医療レーザー脱毛は“低価格”で、痛みも非常に少なく、半永久的な効果を実現した新しい脱毛方法で、多くの方に支持されています。
東京ノーストクリニックでは、そのレーザーの中でも最も日本人の肌に適している「ロングパルス・アレキサンドライト・レーザー」の最新モデルを導入しています。

ノーストの医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛の“レーザー(光線)”とは?

LASER(Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation)
「レーザー」をわかりやすく説明すると、「人工的につくられた光のエネルギー」です。

この光は以下のような3つの大きな特性をもっています。

  1. 光自体が拡散することなく一定方向に直線に進む。
  2. 光は波長で構成されており、その波長は一定しているため光の色も変わったり薄くなったりしない。さらにその波長をコントロールすることで特定の色にのみ反応させることができる。
  3. 照射されて特定の色に反応した分のエネルギーが、その部分に蓄積され外には逃げないが、一定の時間が経過すると熱を放出するという特性がある。

このようなレーザーの特性が、人々の暮らしの様々なところで活かされているのです。

この特性を活かした医療レーザー機器の数々

  • CO2レーザー...いわゆるレーザーメス
  • クイック・スイッチ・ルビー・レーザー...シミ・アザ取り、白人向け脱毛
  • ロングパルス・アレキサンドライト・レーザー...日本人の肌に最も適した脱毛レーザー
  • ダイ・レーザー...血管腫など治療

このほかにも、ヤグレーザーや半導体レーザーなどの医療機器に活用されています。

レーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛は、「メラニン色素」の「黒」を対象とした「特定の色にしか反応しない」という特性があります。
それとともに「拡散せず一定方向に直進する」という特性を活かし、ムダ毛のある部位にレーザーを照射し、毛の発生源である「毛乳頭」を熱破壊する脱毛法です。

レーザー脱毛は、「メラニン色素」の「黒」を対象とした「特定の色しか反応しない」という特性と、「拡散せず一定方向に直進する」という特性を活かし、ムダ毛のある部位にレーザーを照射し、毛の発生源である「毛乳頭」を熱破壊する脱毛法です。
毛根の毛母はメラニンを多く含むメラノサイト細胞で攻勢されているので、照射されたレーザーの熱エネルギーはメラニンのみに反応し蓄積され、一定時間(瞬間)経過後に一気に放出されます。
それによって毛根周囲の組織、とくにメラノサイトに包まれた発毛源の「毛乳頭」を破壊します。
メラニンは表皮にも含まれていますが、「ロングパルス・アレキサンドライト・レーザー」の光は波長のバランスにより表皮のメラニンを通り越し、メラニンの集中している部分(毛乳頭)に反応しますので、表皮に負担を与えません。
もし、少量のレーザーが表皮のメラニンと反応したとしても熱量が少ない為にすぐに放出され、負担はほとんどありません。

図:レーザー脱毛/左のステップをクリックして下さい

STEP1:対象部位にレーザーを照射します

↓

STEP2:レーザーの熱エネルギーが浸透します

↓

STEP3:レーザーの熱が毛根部に伝わりダメージを与えます

↓

STEP4:見事毛根を破壊します!

レーザーについて理解したら、今度は効率的に脱毛するために毛のメカニズムに関して知識を深めましょう。
毛のサイクルに沿って脱毛時期を設定することで、効率的な脱毛が可能です。

さまざまな脱毛方法

その他の処理方法と比べて、医療レーザー脱毛のメリットをご納得下さい。

脱毛方法 回数(期間) 費用 痛み 効果
医療
レーザー脱毛
3回~6回 84,000円(当院価格) 非常に少ない 半永久的かつ安全
エステ針脱毛 20回~30回 31,500円~52,500円
程度
針を刺す痛み 効果が出るまで
時間がかかる
脱毛クリーム等 数日間
/1日1回
8,400円~15,750円
程度
痛みはない 一時的な脱毛効果

全国に広がるネットワーク!最寄のクリニックを探す

このページのTOPへ