性病の悩み

HIVとAIDSの知識

HIV及びAIDSに対する社会的関心の低さ、抗体検査受検者の減少などによって、HIV感染者・エイズ患者は増加が続いています。
日本は、先進国の中でHIV感染者・エイズ患者の発生が増加している数少ない国です。
2007年の報告では、判明しているだけでも、HIV感染者・エイズ患者をあわせた新規発生件数は1500件、毎日4人が新たに感染している計算になります。
今こそ、きちんとしたHIV・AIDSに対する知識が必要です。

世界の状況は―――――
毎日6800人が、HIVに新たに感染し、5700人がエイズにより死亡しています。 HIV感染者数は現在わかっているだけで、推定3320万人。 HIV関連疾患による死亡者数の増加は横ばいですが、それは治療により寿命が延びていることが理由です。今もってHIV感染者の総数は増えているのが現状です。

HIV感染症とAIDS(エイズ)とは?

HIV・・・・Human Immunodeficiency Virusヒト免疫不全ウイルス
ウイルスの名前を指します。
AIDS・・・・Acqired Immune Deficiency Syndromeエイズ/後天性免疫不全症候群
HIVウイルスが原因で起こる病気の状態のこと、を指します。

HIVに感染すると、数ヶ月から十数年の長い潜伏期間の後、ウイルスの働きにより免疫機能が低下し、その結果、普段なら罹らない、または罹ってもすぐに治る様な病気に次々に感染するようになります(日和見感染)。
合併症等を引き起こし死に至る場合もあります。

AIDS(エイズ)とは、HIVに感染した事が原因で免疫機能が低下してしまい、日和見感染を起こして様々な病気を発症し、医師がエイズ発症と診断した状態のことを言います。
HIVに感染しても、エイズを発症しないかぎり、通常の社会生活を送ることが可能です。

感染経路について

HIVは空気や水に触れるだけで死滅するような感染力の非常に弱いウイルスです。
軽いキス、抱擁、咳やクシャミ、一緒に食事する、一緒にスポーツする、学校や職場、洋式トイレの便座、風呂、サウナ、プールの共用などからは感染しません。
次の、極めて限られた状況でしか感染しません。

HIV感染者との性行為
HIVは粘膜や、粘膜に出来た傷、炎症やただれ、皮膚に出来た傷口等から、血液・精液・膣分泌液を通して感染します。
性行為は口の中や膣、直腸やペニスの先端、尿道など粘膜を接触させ、精液、膣分泌液、血液に直接触れる機会が多いため、感染経路になり得ます。
お互いにHIVに感染していない相手との性行為では感染しません。
輸血及び非加熱製剤からの感染

HIVに感染している血液を輸血、またはHIVに感染している非加熱製剤を使用した場合など。献血された血液はHIVに感染していないかスクリーニング検査されていますが、平成8年5月に厚生省エイズサーペランス委員会は、HIV抗体のスクリーニング導入後の輸血によると考えられる感染報告を発表しています。
HIVに感染してから3ヶ月以内の血液は抗体検査で陰性になってしまうため、現在でも輸血血液は完全に安全ではありません。

非加熱製剤からの感染については、主に血友病の患者が出血を止める、あるいは予防するために用いられた非加熱製剤のなかにHIVが含まれていたために、全血友病患者の約4割にあたる1800人がHIVに感染し、うち約400人以上がすでに死亡してしまいました。いわゆる薬害エイズ事件です。

母子感染
HIVに感染している母親が妊娠、出産する場合、妊娠時に胎内で、出産時に産道で、または出生後、母乳から赤ちゃんに感染することがあります。
遺伝ではありません。また、母乳は血液からつくられるので、HIVが含まれます。
注射針をHIV感染者と使いまわす
麻薬・覚せい剤の使用時に、HIV感染者の使った注射器、注射針を使いまわす事によって感染することがあります。

HIV感染からAIDS発症まで

感染してから3ヶ月は検査をしても判らない「ウインドウ期間」
HIVに感染しても、体にこれといった変化はありません。一部の人に38度以上の発熱や頭痛、喉の痛みなど、風邪に似た症状が2~4週間続く事があります。
感染してからHIVウイルスに対して抗体が体内で作られるまでの約3ヵ月は「ウインドウ期間」といって、血液検査をしてもHIV感染は判りません。
この間に熱が出たり、喉が痛くても、風邪と診断されてしまいます。
長い潜伏期間・無症候性キャリア

この後、自覚症状の現れない潜伏期間に入ります。この状態の人を「無症候性キャリア」(症状が無い感染者)と呼びます。この長い潜伏期間は、平均10年と言われています。最近では、エイズ発症を遅らせる薬や治療法も開発されていますので、発症せずに日常生活を普通に送ることの出来る人が増えています。

HIVに感染してもこれといった自覚症状がでないことと、潜伏期間が年単位の長期間であるために、感染していることに気がついていない場合があります。この間に性行為などによって感染を広めてしまうことがあるのです。

発症の前触れ・前駆症伏期
潜伏期間を過ぎるとエイズ発症の前触れ的な症状がみられるようになります。リンパ腺の腫れ、1ヶ月以上続く発熱、持続性の下痢、体重の減少、全身のだるさ、寝汗などの症状が出始めます。
AIDS発症
免疫機能が低下し、普通の健康な人では感染症を起こさないような病原体(弱毒微生物・非病原微生物・平素無害菌など)が原因でも発症するようになります(日和見感染)。カリニ肺炎やカポジ肉腫、HIV脳症、カンジダ症など、多くの病気を発症し、医師が「エイズ発症」と診断した場合、エイズ(後天性免疫不全症候群)と呼ばれるようなります。さまざまな合併症等を引き起こし死に至る場合もあります。

※HIVの検査は無料で受けることができます

HIVに感染しているかは検査しないと判りません。
ウインドウ期間があるために、感染の疑いのある行為から3ヵ月以後に検査を受けます。
検査は全国のほとんどの保健所で、匿名で受けられます(無料)。自分の家の近くの保健所以外でも検査を受けられます。
また医療機関でもHIV検査を受けられます(有料)。あなたの行きやすい検査機関で検査を受けてください。
なお、献血ではHIV検査できません。

※東京ノーストクリニックでは現在、性感染症の検査は行っておりません

HIV検査・相談マップ

←HIV検査・相談マップ
こちらでお近くの検査機関、相談窓口などが調べられます。

全国に広がるネットワーク!最寄のクリニックを探す

このページのTOPへ