包茎の人がなりやすい病気 包皮炎

仮性包茎です。勃起時には剝けた状態になり亀頭が露出します。無理に包茎手術しようとは思いません。が、普段皮をかぶった状態ですので、カスが溜まりやすく臭うこともあります。包茎の人がなりやすい病気ってあるのですか?

包茎の場合、包皮と亀頭の間にカスが溜まやすいため不潔な環境になりやすく、細菌に感染し亀頭包皮炎を起こすことがあります。亀頭包皮炎は、その他性行為、洗いすぎ、下着との擦れ、疲れなどから小さな傷ができ感染します。洗いすぎは逆効果ですが、亀頭部分を清潔に保つことで発症や再発を未然に防ぐことが可能です。
しかしどうしても、頻繁に亀頭包皮炎になってしまう方は包茎手術を考えられてもいいかもしれません。亀頭包皮炎を放置しておくと、閉塞性乾燥性亀頭炎、二次的包茎、癌になる確率が高くなります。その他、性病や尿路感染症の確率も高まります。
包茎の場合、常に亀頭が包皮で覆われており、湿り気が多く不潔な環境になりやすいなど衛生上に問題があるため、パートナーに対するエチケットとしても包茎手術はおすすめです。

フリーダイヤル