包茎手術は痛いのでしょうか?

包茎手術は痛いのでしょうか?

包茎手術には大きく2種類があります。「切らずに治療する手術」と「環状切開術」です。
軽度の仮性包茎であれば、「切らずに治療する手術」の適応も可能です。
これは二重まぶたなどの美容整形の現場でよく使われている技術を応用したもので、人工的なシワを自然に作り、包皮自体を陰茎の根元方向によせて亀頭を露出させる手術です。
ただし持続性に欠けたり、真性包茎やカントン包茎には適応できません。根本的な治療には「環状切開術」が望ましいでしょう。

東京ノーストクリニックでは、経験豊富なベテランの医師による手術で、術中も麻酔を使用するため痛みを最低限に抑えます。
痛み止めを1回、2回飲んだという患者さんもいらっしゃいますが、数日で痛みはひいていきますのでご安心ください。

フリーダイヤル