淋病などの感染症と包茎は関係あるのでしょうか?

淋病などの感染症と包茎は関係あるのでしょうか?

淋病をはじめ、梅毒やクラミジア、ヘルペスなどの細菌類は少しの傷口から感染します。
包茎だから性器感染症になるということではありませんが、包茎の場合、どうしても亀頭が通常覆い被されている分、皮膚面は弱くて傷がつきやすく、免疫力としても低くなりがちです。
亀頭の皮膚面を出すことで、衛生的に清潔さを保つばかりでなく、亀頭自身の免疫力を高めるという面でも、包茎のままではない方が性器感染症へのリスクは低減すると言えるでしょう。

メールおよび、お電話でのご相談は24時間受け付けておりますので、どうぞお気軽にお悩みをご相談ください。

フリーダイヤル