糖尿病を理由包茎手術を断られました。

血液検査の結果、糖尿病の初期段階と診断されました。仮性包茎が悪化して、最近突っ張りのようなものを感じるので手術したいのですが、別の病院で糖尿病を理由に断られました。そんなことはあるのでしょうか?

糖尿病の方は、免疫力や治癒力が低下して、術後の感染や治りが著しく遅くなったりするというケースがあり、お断りすることもあるようです。
ただ、東京ノーストクリニックでは、基本的には包茎手術は問題なく受けられます。

その理由は、手術前に全身の健康チェックを行い、現在の健康状況をきちんと把握した上で、様々な手術方法からその人に合った手術を選択できるからです。
場合によっては切らずに行う手術方法も選択できます。
事前に服用されている薬なども確認いたしますので、お薬手帳など服用薬がわかるものをご持参の上、カウンセリングを受診して下さい。

フリーダイヤル