カントン包茎はどうしてなるのでしょうか?

[実績 30年] 包茎専門医院 専門医クオリティで“患者満足度No.1”
患者満足度No.1は電話予約・相談から 0120-12-7411 フリーダイヤルで24時間対応!
治療相談対応中等でつながりにくいときは、しばらくしてからおかけ直しください。

包茎について

包茎治療よくある質問

カントン包茎はどうしてなるのでしょうか?
カントン包茎とカタカナで表記しますが、漢字では嵌頓包茎と書きます。
仮性包茎で包皮口に狭い箇所があり、そこで勃起状態で無理矢理亀頭を出した場合には包皮が翻転してしまい、血管などが挟まり詰まって炎症が起こったり、激しい痛みに襲われることがあります。

原因は、仮性包茎を自分で無理にむいてしまったり、性交時に意図せず包皮がむけてしまうことから起こることが多いです。
鬱血を放置したままにしておくと、細胞の一部が死滅する危険もあるので、早めに専門医に相談することをお勧めします。

男の悩みや不安についてDr.ノーストがお答えします。

CMギャラリー
包茎の種類
包皮口が非常に狭く
全く亀頭を露出できない
真性包茎
むく事に支障はないが、
皮に余りが多くかぶる
仮性包茎
包皮口が狭いため、
むいた皮が陰茎を締めつける
カントン包茎
包茎手術の種類
切らずに治せる治療法
切らない包茎手術
環状に切除し縫合する手術
環状切開術 吸収糸
公的医療保険適用について
東京ノーストクリニックは患者皆様のお悩み解決を最優先とした自由診療のクリニックです。
より高度で最先端な医療技術を基に患者の皆様ひとりひとりに最適な治療を行っています。
そのため公的医療保険については適用範囲外となりますのでご注意ください。