仮性包茎が悪化して、最近突っ張りのようなものを感じるので手術したいのですが、糖尿病を理由に断られました。

[実績 30年] 包茎専門医院 専門医クオリティで“患者満足度No.1”
患者満足度No.1は電話予約・相談から 0120-12-7411 フリーダイヤルで24時間対応!
治療相談対応中等でつながりにくいときは、しばらくしてからおかけ直しください。

包茎について

包茎治療よくある質問

血液検査の結果、糖尿病の初期段階と診断されました。仮性包茎が悪化して、最近突っ張りのようなものを感じるので手術したいのですが、別の病院で糖尿病を理由に断られました。そんなことはあるのでしょうか?
糖尿病の方は、免疫力や治癒力が低下して、術後の感染や治りが著しく遅くなったりするというケースがあり、お断りすることもあるようです。
ただ、東京ノーストクリニックでは、基本的には包茎手術は問題なく受けられます。

その理由は、手術前に全身の健康チェックを行い、現在の健康状況をきちんと把握した上で、様々な手術方法からその人に合った手術を選択できるからです。
場合によっては切らずに行う手術方法も選択できます。
事前に服用されている薬なども確認いたしますので、お薬手帳など服用薬がわかるものをご持参の上、カウンセリングを受診して下さい。

男の悩みや不安についてDr.ノーストがお答えします。

CMギャラリー
包茎の種類
包皮口が非常に狭く
全く亀頭を露出できない
真性包茎
むく事に支障はないが、
皮に余りが多くかぶる
仮性包茎
包皮口が狭いため、
むいた皮が陰茎を締めつける
カントン包茎
包茎手術の種類
切らずに治せる治療法
切らない包茎手術
環状に切除し縫合する手術
環状切開術 吸収糸
公的医療保険適用について
東京ノーストクリニックは患者皆様のお悩み解決を最優先とした自由診療のクリニックです。
より高度で最先端な医療技術を基に患者の皆様ひとりひとりに最適な治療を行っています。
そのため公的医療保険については適用範囲外となりますのでご注意ください。