以前は勃っても皮が被っていましたが、手で剥けていました。

[実績 30年] 包茎専門医院 専門医クオリティで“患者満足度No.1”
患者満足度No.1は電話予約・相談から 0120-12-7411 フリーダイヤルで24時間対応!
治療相談対応中等でつながりにくいときは、しばらくしてからおかけ直しください。

包茎について

包茎治療よくある質問

以前は勃っても皮が被っていましたが、手で剥けていました。数年前に包皮炎のようなものになり、包皮が突っ張るようになりました。それから剥くのに痛みがあり、勃たない状態でも口が狭くなって剥けなくなってしまいました。

また、太っていてペニスが埋もれている状態です。この場合どうすればいいですか?手術すると傷跡とか、治療したことに気づかれない仕上がりになりますか?料金も教えてください。
包皮が突っ張り、平常時でも包皮を剥くことができず、陰茎が埋もれている状態なのですね。まず、包皮がつっぱり包皮口が狭いのであれば、切る包茎治療が必要でしょう。陰茎が埋もれている程度にもよりますが、状態により長茎術や亀頭増大術などを組み合わせて治療することになるかと思います。

切る治療による傷跡は、状態に合わせてなるべく傷跡がめ立たず、かつきれいに仕上がる方法で治療いたします。状態によって治療法は異なりますので、まずは診察・カウンセリングをお受けいただければ、最適な治療プランをご提案いたします。料金については、診察後でないとなかなか正確な金額をお伝えすることが難しいですので、診察・カウンセリングでお話させて頂きます。

男の悩みや不安についてDr.ノーストがお答えします。

CMギャラリー
包茎の種類
包皮口が非常に狭く
全く亀頭を露出できない
真性包茎
むく事に支障はないが、
皮に余りが多くかぶる
仮性包茎
包皮口が狭いため、
むいた皮が陰茎を締めつける
カントン包茎
包茎手術の種類
切らずに治せる治療法
切らない包茎手術
環状に切除し縫合する手術
環状切開術 吸収糸
公的医療保険適用について
東京ノーストクリニックは患者皆様のお悩み解決を最優先とした自由診療のクリニックです。
より高度で最先端な医療技術を基に患者の皆様ひとりひとりに最適な治療を行っています。
そのため公的医療保険については適用範囲外となりますのでご注意ください。