包皮炎にかかったのですが、治ったと思ってもまたすぐにかかってしまいます。包茎の手術をすると良いと聞いたのですが、ほんとですか?

[実績 30年] 包茎専門医院 専門医クオリティで“患者満足度No.1”
患者満足度No.1は電話予約・相談から 0120-12-7411 フリーダイヤルで24時間対応!
治療相談対応中等でつながりにくいときは、しばらくしてからおかけ直しください。

包茎について

包茎治療よくある質問

包皮炎にかかったのですが、治ったと思ってもまたすぐにかかってしまいます。包茎の手術をすると良いと聞いたのですが、ほんとですか?
本当ですよ。包皮炎に繰り返し罹ってしまう方には包茎手術をお勧めすることがあります。ご相談者様は、包皮炎の治療で病院を受診なさったのですか。それとも自己流に対処なさっていたのでしょうか。包皮炎の原因には、細菌性のものとカンジダと呼ばれる真菌(カビの一種)の場合があります。治療にはそれぞれ違う薬を使用しますので、まずは原因を突き止めることが重要です。

また、症状が良くなったからと言って自己判断で投薬を中断すると、ぶり返してしまいます。医師に指示された用法・用量、使用期間等を守ってケアしなければなりません。その他糖尿の方も包皮炎に繰り返し罹ることがあります。もしあまりにも包皮炎を繰り返すようでしたら、内科を受診し、糖尿病のチェックをしてみた方がいいかもしれません。

糖尿病が原因である場合には、血糖値のコントロールを行うと包皮炎にかかることなく落ち着いてくるでしょう。血糖値が落ち着けば包茎手術を受けることができます。包茎の方は亀頭部分を包皮が常に覆っているため、恥垢が溜まり清潔に保つことができず包皮炎にかかりやすいのです。ですから、包茎を治療することにより包皮炎にかからなりにくくなりますので、繰り返し罹る包皮炎でお困りの方は包茎手術をお考えになってもよいでしょう。

男の悩みや不安についてDr.ノーストがお答えします。

CMギャラリー
包茎の種類
包皮口が非常に狭く
全く亀頭を露出できない
真性包茎
むく事に支障はないが、
皮に余りが多くかぶる
仮性包茎
包皮口が狭いため、
むいた皮が陰茎を締めつける
カントン包茎
包茎手術の種類
切らずに治せる治療法
切らない包茎手術
環状に切除し縫合する手術
環状切開術 吸収糸
公的医療保険適用について
東京ノーストクリニックは患者皆様のお悩み解決を最優先とした自由診療のクリニックです。
より高度で最先端な医療技術を基に患者の皆様ひとりひとりに最適な治療を行っています。
そのため公的医療保険については適用範囲外となりますのでご注意ください。