真性包茎の手術後、日常生活に支障がありますか?

[実績 30年] 包茎専門医院 専門医クオリティで“患者満足度No.1”
患者満足度No.1は電話予約・相談から 0120-12-7411 フリーダイヤルで24時間対応!
治療相談対応中等でつながりにくいときは、しばらくしてからおかけ直しください。

包茎について

包茎治療よくある質問

真性包茎の手術後、日常生活に支障がありますか?
真性包茎の手術に限らず手術後は、少なからず日常生活に影響があります。手術直後の問題は、やはり痛みではないでしょうか。処方された痛み止めを服用していただければ、ある程度コントロールできますが、無理をしたり患部に負担のかかる姿勢を取った場合に痛みます。

手術翌日からお仕事をなさる方も中にはいらっしゃいますが、2,3日は無理せずお過ごしいただいた方が患部に負担がかからず傷の治りが早いです。具体的な日常生活への影響ですが、術後は患部に包帯を巻いていますので、排尿時に尿が飛び散ることがあります。包帯を巻いた陰茎で排尿するのも他人の目が気になりますので、個室で座って排尿していただいた方がいいでしょう。

飲酒やスポーツなども1週間お控えいただきます。入浴は手術翌日からシャワーが可能で、1週間後から入浴可能です。このようにいくつか日常生活の制限がありますが、真性包茎では亀頭部分が敏感であることが一番日常生活に支障があるでしょう。

今まで包皮に守られた亀頭が常に露出した状態になるため、下着などで擦れるたびにピリピリとした痛みを感じます。そのピリピリとした痛みは、下着などに擦れることによって少しずつ強くなり、自然と痛みがなくなってきます。個人差はありますが、2,3か月するとそのような症状はなくなってしまうという方がほとんどです。

男の悩みや不安についてDr.ノーストがお答えします。

CMギャラリー
包茎の種類
包皮口が非常に狭く
全く亀頭を露出できない
真性包茎
むく事に支障はないが、
皮に余りが多くかぶる
仮性包茎
包皮口が狭いため、
むいた皮が陰茎を締めつける
カントン包茎
包茎手術の種類
切らずに治せる治療法
切らない包茎手術
環状に切除し縫合する手術
環状切開術 吸収糸
公的医療保険適用について
東京ノーストクリニックは患者皆様のお悩み解決を最優先とした自由診療のクリニックです。
より高度で最先端な医療技術を基に患者の皆様ひとりひとりに最適な治療を行っています。
そのため公的医療保険については適用範囲外となりますのでご注意ください。