亀頭増大術を検討中です。平均どの位注入しますか。また、どのように入れたら効果的ですか?

[実績 30年] 包茎専門医院 専門医クオリティで“患者満足度No.1”
患者満足度No.1は電話予約・相談から 0120-12-7411 フリーダイヤルで24時間対応!
治療相談対応中等でつながりにくいときは、しばらくしてからおかけ直しください。

包茎について

包茎治療よくある質問

亀頭増大術を検討中です。平均どの位注入しますか。また、どのように入れたら効果的ですか?
亀頭増大に関するお問い合わせで、注入量に関する質問はとても多いのですが、注入量には個人差があり一概には申し上げられません。ただ、注入量は希望すればいくらでも入れられるわけではありません。注入剤の入れすぎは、偏り(変形)や組織圧迫を起こすことがありますので、一度に注入できる量は限られています。

もし多量注入する場合には、数回に(日にちを変えて)分けて注入します。注入すると、注入量に比例して効果がみられる方と、注入しても膨らみ方が悪い方がいらっしゃいます。注入効果がみられない方の場合は要注意で、それ以上注入剤を入れても効果がない方ということになります。

どの部位に入れたら亀頭増大に効果的なのかということですが、カリの部分を強調して注入するのがおすすめです。カリが張り出せば亀頭全体も大きく見えますし、何よりパートナーに与える刺激がパワーアップします。

亀頭全体に注入し、全体的に大きくハリを持たせるという方もいらっしゃいます。平常時にも亀頭全体のサイズアップ効果が分かりますし、加齢とともにしぼんだ亀頭がハリのある若々しい亀頭部へよみがえります。

効果的な注入部位を決めるポイントは、亀頭増大させる目的によると思います。ご希望の注入部位が分からないようでしたら、担当医に注入の目的、もしくはお悩みをおっしゃってください。お悩みやご希望に合わせて最適の注入方法をご提案いたしますので、ご安心してお任せいただけたらと思います。

男の悩みや不安についてDr.ノーストがお答えします。

CMギャラリー
包茎の種類
包皮口が非常に狭く
全く亀頭を露出できない
真性包茎
むく事に支障はないが、
皮に余りが多くかぶる
仮性包茎
包皮口が狭いため、
むいた皮が陰茎を締めつける
カントン包茎
包茎手術の種類
切らずに治せる治療法
切らない包茎手術
環状に切除し縫合する手術
環状切開術 吸収糸
公的医療保険適用について
東京ノーストクリニックは患者皆様のお悩み解決を最優先とした自由診療のクリニックです。
より高度で最先端な医療技術を基に患者の皆様ひとりひとりに最適な治療を行っています。
そのため公的医療保険については適用範囲外となりますのでご注意ください。