男性であれば「包茎」は“コンプレックス”を感じてしまうものです。「誰にも相談できない」と一人で悩むより、まずはノーストクリニックに相談して下さい。

[実績 30年] 包茎専門医院 専門医クオリティで“患者満足度No.1”
患者満足度No.1は電話予約・相談から 0120-12-7411 フリーダイヤルで24時間対応!
治療相談対応中等でつながりにくいときは、しばらくしてからおかけ直しください。

診療現場からの報告

包茎のコンプレックスから開放されたい

生殖器に関するコンプレックスは、成長の時期によって大きく変化します。
小学生の年代では、おちんちんが大きいと「デカチン」と冷やかされてイジメの対象になることも少なくありませんが、思春期を迎え第二次成長期を迎えるとデカチンは巨根の持ち主ということで羨望の眼差しで見られるようになります。
成人になって以降の性器に関するコンプレックスとなると、”包茎と短小”です。
デカチンコンプレックスは一過性の問題ですが、包茎は生涯抱える悩みになります。会社員の山部さん(仮名※1)は、直接ノーストクリニックに来院されてカウンセリングを受けられ、包茎手術を受けることになりました。

ノーストクリニックを選んだ決め手は、ノーストクリニックのホームページに載っている手術法や体験談が参考になり、また全国に分院を持つという点でノーストクリニックを選んだとのことです。包茎手術についてまず質問されたのは、自分の包茎の程度がどのくらいかということです。

包茎は、おおむね3種類に分類されます。
包皮口が非常に狭いため亀頭をほとんど露出できない真性包茎。
セックスの際に包皮が後退して亀頭が露出するものの、通常は皮に余りが多く亀頭が覆われてしまう仮性包茎。
包皮口が狭いため、勃起時に陰茎の根本に後退した皮が陰茎を締めつけるカントン包茎。

しかし、個人差がありますから現実的には様々なパターンがあります。いずれにしても包茎で悩むという点については共通しているのです。
山部さんが一番気にかかっていたのは、包茎というコンプレックスが自信喪失につながっているという点です。
手術後は包茎から開放されたということと同じくらい精神的な劣等感から開放されたそうです。

男性であれば「包茎」は“コンプレックス”を感じてしまうものです。「誰にも相談できない」と一人で悩むより、まずはノーストクリニックに相談して下さい。

全国31都市に拠点があるノーストクリニック(2018年8月8日現在)では、無料相談がご利用になれます。
包茎の具体的状況は個人差がありますので、来院する前の段階としてお住まいの近くのノーストクリニックにお電話(フリーダイヤル)いただければ、専門の男性カウンセラーが24時間対応で親身にご相談に応じます。

ぜひコンプレックスを解決する方法の一つとしてご検討ください。 ※1:ノーストクリニックに相談された方のプライバシー守秘のため、個人を特定する情報については伏せさせていただきます。

期間限定 特別優待 治療費割引

CMギャラリー
包茎の種類
包皮口が非常に狭く
全く亀頭を露出できない
真性包茎
むく事に支障はないが、
皮に余りが多くかぶる
仮性包茎
包皮口が狭いため、
むいた皮が陰茎を締めつける
カントン包茎
包茎手術の種類
切らずに治せる治療法
切らない包茎手術
環状に切除し縫合する手術
環状切開術 吸収糸
公的医療保険適用について
東京ノーストクリニックは患者皆様のお悩み解決を最優先とした自由診療のクリニックです。
より高度で最先端な医療技術を基に患者の皆様ひとりひとりに最適な治療を行っています。
そのため公的医療保険については適用範囲外となりますのでご注意ください。