包茎手術で恥垢の臭さから開放されました

「十人十色」と言われるように人によって亀頭の形や包皮の量は様々です。

陰茎の太さや長さなどの特徴についても人それぞれです。さらに外見的な違いとともに陰部から発する臭いにも個性があります。
自動車ディーラーで外商担当の佐藤さん(仮名※1)は、遺伝的に体臭がきつい家系ということもあって人一倍体臭には敏感です。

仕事柄面会した相手に不愉快な思いをさせないように常に気配っています。
特に夏場は外勤で汗をかくため、ワキガや口臭、そして股間の臭いにも気をつけています。
小さい頃は気にもかけていませんでしたが、高校時代に「チンカス臭い」と差別的な冗談を言われてからは、自分の股間の臭いが悩みのタネになりました。

臭いの原因は、亀頭と包茎の間に溜まる恥垢(チンカス)です。

第二次性徴が始まると性器の状況は著しく変化します。
生殖に必要となる亀頭は大きく発達しはじめ、精液や分泌物などの量が増えます。

佐藤さんの場合、包皮の成長が亀頭の発達に同期できず、亀頭と包皮の間にピッタリと張り付くように恥垢が溜まり、異臭を放つようになりました。
入浴時には痛みを我慢しながら恥垢で癒着した亀頭と包皮を無理に剥がし、亀頭に張り付いた恥垢にお湯をかけて少しふやけたところで洗うという作業を繰り返しました。

就職してからも同じような亀頭のメンテナンスをしていましたが忙しいときには入浴できず、翌日には恥垢の臭いを気にしながら営業に出向かなければならず、仕事に集中できない時もありました。

そこでこの臭いの原因を根本的に解決するために、泌尿器科を受診して余分な包皮の除去を相談しました。
しかし佐藤さんのように仮性包茎の場合は、健康保険が適用されないと知り、自宅近くのノーストクリニックに来院され、無料相談を受けました。
その後、包茎手術を受けた佐藤さんは、長年の大きな悩みがひとつ解決したと喜んでおられました。

全国に拠点があるノーストクリニックでは、無料相談がご利用になれます。
包茎であることのデメリットは様々です。
包茎の状態には個人差があります。お近くのノーストクリニックにお電話(フリーダイヤル)やホームページのお問い合わせなどでご連絡いただければ、専門の男性カウンセラーが24時間対応いたします。

※1:ノーストクリニックに相談された方のプライバシー守秘のため、個人を特定する情報については伏せております。

フリーダイヤル