亀頭にメリハリをつけて高齢包茎の悩みを解決

男性の場合、幼少期から成長期を経て骨格や筋肉の付き方は大きく変化します。

生殖機能も成熟して生殖が十分に可能な男性となります。

その後は、年令を重ねると徐々に筋肉の量は減り、皮膚にもたるみがでてきます。

長年テーラーメイドの紳士服店を営む垂水さん(仮名※1)は、自分の体型にフィットしたスーツを着こなすダンディーなナイスミドルですが、その装いとは別に、徐々に身体の衰えに悩む中高年者でもありました。

その悩みの原因のひとつが包茎です。
若いときには固く勃起していたペニスが年齢を重ねることでその硬さに衰えが見られるようになったのです。

若いときから仮性包茎だったため、包茎のことで悩んでいましたが、当時は現在のような高度な包茎手術は存在しなかったため、セックスのときはそれなりに工夫して包茎の問題をなんとかクリアしていました。

しかし50歳を過ぎた頃から勃起したペニスの硬さに衰えが見え始め、そのため亀頭を被ってしまう包皮の量が増えてしまいました。

セックスの際には余分な包皮が厄介者となり、いざという時に手間取ることも多くなりました。

しかし、最近パートナーから、ペニスの硬さへの不満とダブついた皮の見た目を指摘されてしまいました。

スタイリッシュで「自分にピッタリ」をこだわりとする垂水さんは、包茎手術専門のノーストクリニックに来院され、オーダーメイドの亀頭と包皮をデザインしてもらいたいと、無料相談を受けられました。

包茎手術と同時に亀頭を強くたくましくする亀頭増大術も施して、亀頭のカリの部分を太くすることでパワーアップし、張りのある亀頭で理想のペニスを手に入れました。

全国に拠点があるノーストクリニックでは、無料相談がご利用になれます。
包茎であることのデメリットは様々です。包茎の状態には個人差があります。
お近くのノーストクリニックにお電話(フリーダイヤル)やホームページのお問い合わせなどでご連絡いただければ、専門の男性カウンセラーが24時間対応いたします。

※1:ノーストクリニックに相談された方のプライバシー守秘のため、個人を特定する情報については伏せております。

フリーダイヤル