包茎手術の跡が目立たないようにしたい

自分が包茎であることに気づくタイミングは個人差があるでしょうが、国民生活センターが行なった調査(※1)によると約半数の人が友人との会話の中で気づいたというデータが出ています。

包茎の悩みを抱える人達が、その解決方法として考えるのが包茎手術です。普通の人よりも多い包皮を取り除く包茎手術を受けることは前向きな解決方法ですが、気になるのが「包茎手術を受けたあとの傷」です。

というのもペニスはセックスの時に必要となるのはもちろんですが、排尿(オシッコ)をする時にも目にするため、暮らしの中で少なくとも一日に4~5回はペニスを見ることになります。

アスレチックジムのインストラクターをしている佐々木さん(仮名※2)は、ジムに通う人がうらやましがる筋肉マッチョのボディーを持っています。

佐々木さん自身もある一箇所を除いては自分の体に満足しています。
佐々木さんがご自身で満足できていない箇所が包茎のペニスです。

筋肉や体脂肪はコントロールできるものの、ペニスだけはどうしようもなく、それなりの大きさで満足している亀頭ではありますが、亀頭を覆う包皮に悩んでいます。

パンツ一枚ならば自信にみなぎる肉体美も、下着をすべて脱ぐと、亀頭を覆う包皮が気になって自信を失ってしまいます。

自分の体に、120%の自信を持ちたい佐々木さんは、包茎手術のあとが目立たないキレイな仕上がりにこだわりたいということで、包茎手術専門のノーストクリニックに来院されて無料相談を受けました。

浅黒い肌の佐々木さんですが、亀頭の色は鮮やかなピンクであるため、包茎手術のデザインには特に注意する必要があります。

ノーストクリニックでは、亀頭のすぐ下に縫合線をデザインすることで手術の跡が自然な仕上がりになる亀頭直下法が行なえます。

この手術法であれば傷あとが目立ちにくくなるという説明に納得され、佐々木さんはその日のうちに包茎手術を受けられました。

真性包茎やカントン包茎であれば泌尿器科で包茎手術を受けることも可能ですが、手術後の傷あとや見た目の仕上がりの良さには配慮されていないのが現状です。そのため、包茎手術は専門のクリニックで受けるのが良いと言われています。

全国に拠点を持つノーストクリニックでは、無料相談がご利用になれます。包茎であることのデメリットは様々です。包茎の状態には個人差があります。お近くのノーストクリニックにお電話(フリーダイヤル)やホームページのお問い合わせなどでご連絡いただければ、専門の男性カウンセラーが24時間対応いたします。

※1:平成28年6月23日 独立行政法人国民生活センター実施「美容医療サービスにみる包茎手術の問題点 P22
※2:ノーストクリニックに相談された方のプライバシー守秘のため、個人を特定する情報については伏せております。

フリーダイヤル