HOME > 包茎について

包茎について

包茎について

裸の付き合いが苦手、匂いが気になる、いつもは包皮にかくれているために刺激に弱い・・・などデリケートな悩みはつきません。それゆえにご相談に踏み切れない方も多いかもしれません。
ですが、医者にとっては恥ずかしいことではありません。それどころか包茎の状態を放置しておくことは危険なのです。
まずはご自身のペニスがどのような状態であるのか正確に認識することから始めてください。

本来あるべきペニスの姿をこのページで詳しくご紹介します。

ペニスの構造

男性のペニスは、「陰茎」と呼ばれるサオの部分と、「亀頭」と呼ばれる頭の部分に分けられます。

ペニスの構造図

ペニスの内部は、3本の海綿体組織で形成されており、中心内部に尿道がある尿道海綿体2本の陰茎海綿体が一束状に形成されています。
(※図-1)
海綿体自体は、毛細血管の詰まったスポンジ状の組織で勃起時は血液が充満します。
亀頭部の裏側には包皮小帯と呼ばれるスジの部分があり、陰茎裏側の包皮と繋がっています。(※図-2)

包茎とは?…包茎のタイプは3種類 真性包茎・カントン包茎・仮性包茎

通常陰茎部(サオの部分)を包む包皮が亀頭部にかぶってしまっている状態。

本来、成長が著しい中学生~高校生にかけて包皮がむけてくるようになります。 この時期を過ぎても皮がかぶったままの状態のことを包茎といいます。
日本人の成人男性の多くが、包茎だといわれています。

「包茎」は、以下の3種類に分類されます。
[1] 包皮口が非常に狭く全く亀頭を露出できない「真性包茎」
[2] むく事に支障はないが、皮に余りが多くかぶってしまう「仮性包茎」
[3] 包皮口が狭いため、むいた皮が陰茎を締めつける「カントン包茎」

[1]真性包茎…包皮口が非常に狭く全く亀頭を露出できない

包皮口が非常に狭いため、平常時も勃起時も、包皮をむく事が全く出来ない状態の包茎です。

デメリット

かぶっている包皮内の亀頭は清潔にする事が出来ない為、恥垢(ちこう)が溜まります。
また、セックスの際に痛みや炎症を起こす場合もあり、早急な治療が必要です。

包茎治療 すぐにこちら!

包茎治療の流れ

[2]仮性包茎…むく事に支障はないが、皮に余りが多くかぶってしまう

常時(非勃起時)は亀頭部に包皮がかぶっていますが、手でむけば容易に亀頭を露出させる事のできる状態の包茎です。

デメリット

もっとも多い包茎の種類です。
勃起していない時は包皮が亀頭に被っていますが、手で剥けば簡単に亀頭を露出できます。
普段、皮が被っているため、雑菌も繁殖しやすく不衛生になりがちな上、陰毛が包皮に絡まり傷をつけるので包皮や亀頭周囲に炎症などを起こす可能性があります。

包茎治療 すぐにこちら!

包茎治療の流れ

[3]カントン包茎…包皮口が狭いため、むいた皮が陰茎を締めつける

カントン包茎は、無理に剥けば多少の亀頭の露出は可能です。ですが包皮口が狭いために、剥いた包皮が亀頭直下の陰茎を締め付けてしまいます。

デメリット

カントン包茎は包皮口が狭いために、性行為を行うと狭い包皮の部分が裂けてしまったり、締めつけが原因でペニスが大きく腫れ上がったりする恐れがあります。

包茎治療 すぐにこちら!

包茎治療の流れ

まとめ

「包茎」は、下記3種類に分類されます。

(1)真性包茎    : 包皮口が非常に狭く、まったく亀頭を露出できない。

(2)仮性包茎    : むく事に支障はないが、皮に余りが多く被ってしまう。

(3)カントン包茎 : 包皮口が狭いため、むいた皮が陰茎を締めつける。

放置すると非常に危険な「包茎」ですが、恥ずかしがらずにまずはご相談いただき、当院の包茎手術ならば安心・安全に施術できますのでお任せください。

簡単に出来る!YES・NO包茎セルフ診断 貴方はどのタイプ?~包茎のタイプを診断!~今すぐチェック!

まずは自分を知ることから、明るい未来は始まります!
簡単に出来る包茎セルフ診断で貴方はどのタイプか、確かめてください!

YES/NOで答えるだけ!

全国に広がるネットワーク!最寄のクリニックを探す

このページのTOPへ