1. 包茎手術の東京ノーストクリニック HOME
  2. 包茎手術 お役立ち情報
  3. 包茎の困った症状を改善!自分でできるケアや矯正リングの効果と包茎手術

包茎の困った症状を改善!自分でできるケアや矯正リングの効果と包茎手術 投稿日:2022年7月11日

包茎の人は、衛生的な問題や病気のリスクなど、さまざまな悩みやリスクを抱えています。本記事では、困った症状を自分で解決するためのケアについて解説します。仮性包茎に使用する矯正リングの効果や、包茎手術の必要性についても知り、包茎によって生じる症状をどうやったら改善できるのか自分で判断できるようになりましょう。

どうして包茎になるの?

包茎とは、亀頭が包皮に覆われていて出てこられない状態をいいます。包茎には3つ種類があり、それぞれに原因が異なります。 陰茎の長さに対して包皮が多く余ってしまっている場合は「仮性包茎」です。包皮を下ろせて亀頭が露出できる状態なら、普段の生活でそれほど困ることは少ないでしょう。 また、包皮の口が狭くなっている包皮輪狭窄があると包茎になります。包皮を下ろすのが難しく、亀頭を全く露出できない場合は「真性包茎」です。多少の抵抗はあっても、亀頭を何とか露出できれば仮性包茎に分類されますが、元に戻らなくなった場合には「カントン包茎」といいます。 一般的に、男性のほとんどは真性包茎の状態で生まれます。身体の成長と共に陰茎が伸び、包皮口が広がって半数以上の男性は仮性包茎へと移行しますが、少数の男性は真性包茎のままです。 真性包茎は成長の過程で亀頭と包皮がくっついたまま剥がれないことや、包皮口が広がらないことが原因で起こります。

包茎で多い悩み

亀頭が包皮をかぶっていることが原因で、包茎にはさまざまな問題が生じます。包茎男性が抱える代表的な悩みを紹介します。

清潔にできていないと悪臭や痛みが生じる

包茎だと包皮の内側や亀頭を十分に洗えません。包皮を下ろせる仮性包茎に比べて、真性包茎やカントン包茎はとくに清潔にするのが困難です。 包皮と亀頭の間は温かく湿っており、細菌が増えやすい環境です。細菌が増えると強烈な悪臭が発生し、亀頭や包皮が炎症を起こす「亀頭包皮炎」になります。炎症が痒みや痛みを引き起こすと、泌尿器科での治療が必要になります。 このようなことから包茎は性病にかかりやすく、またパートナーである女性に感染させてしまうこともあります。毎日ていねいに洗っていても性病にかかることがあり、パートナーからの感染・パートナーへの感染を防ぐためにはコンドームの着用が効果的です。

性行為で満足できにくい

包茎でも性行為は行えますが、包皮の余りが多いと亀頭に刺激が伝わりにくいのが難点です。また、包皮が亀頭を覆っている状態では膣内へ性的刺激を伝えるのも難しいでしょう。コンドームが外れやすく、トラブルの元にもなります。 さらに、包皮口が狭い包茎では勃起によって包皮に圧が加わって、痛みが生じる場合があります。勃起の際に痛みがあると、勃起を維持できないので性行為を行えません。包皮のせいで正常な射精ができないことや、性行為中にカントン包茎を起こすこともあります。 仮性包茎は普段、包皮で亀頭が守られているため亀頭が刺激を感じやすく、早漏で悩む方が多いです。自分のペニスに自信がもてないと、女性と関係をもつことに消極的になる傾向があります。

男性としての自信

機能的に問題はなくても、包茎の見た目をコンプレックスに感じている男性は多くいます。男性同士では包茎をネタにいじられるケースもあり、温泉やサウナなどでの裸の付き合いが嫌になることもあります。女性に対しても、包茎のせいで性行為がうまくいかない経験が重なると、自信を失ってしまうでしょう。

包茎が引き起こすリスク

包茎は亀頭包皮炎など、さまざまな症状を引き起こしますが、放置しているとさらに深刻な病気を発症するリスクがあるので、注意が必要です。

腎炎・膀胱炎

包茎だと、たまった恥垢に細菌が増殖して、亀頭や包皮の炎症を起こしやすいのですが、尿道から体内へと細菌が侵入すると、炎症がひどくなるケースもあります。発熱や腹痛、排尿痛など身体へのダメージも大きく、入院による治療が必要になる可能性もあるでしょう。

性病から不妊症

クラミジアや淋菌など、性病の原因菌が尿道から体内に入ると、精巣上体(せいそうじょうたい)で炎症を起こして発熱や強い痛み、陰嚢に腫れを生じます。精巣は精子をつくっていますが、精巣上体は精子の通り道にあります。炎症によって腫れて、そのまま詰まることがあります。精子の通り道が詰まってしまうと、射精をしても精液に精子が含まれないため、不妊症になってしまいます。

陰茎がん

陰茎がんは60代以上に多く、ヒトパピローマウイルスの感染や、慢性的な炎症刺激によって発症するリスクが高まると考えられています。発生するのは、主に亀頭部と包皮です。ひどい悪臭や治らない湿疹があると、陰茎がんの可能性があります。また、タバコを吸っている人は陰茎がんを発症するリスクが高くなります。 参考:https://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/type/penis.html

勃起障害・勃起不全

物理的に性的刺激が伝わらないと勃起がうまくできなくなりますが、包茎によって受ける精神的ストレスによっても、勃起障害が引き起こされることがあります。正常な性行為が行えなくなると、EDの治療が必要になります。

包茎のつらい症状を改善する毎日のケア

包茎が原因となっている症状は、日々のケアで改善・予防できます。 包茎の場合、亀頭と包皮の間を毎日ていねいに洗うことが大切です。仮性包茎では包皮をしっかりと下にずらして、石鹸とシャワーで恥垢を落とします。真性包茎では石鹸分が残りやすく、炎症を起こしかねないのでお湯だけで洗ってもかまいません。 包皮が狭くなっている包茎では、無理に包皮を下ろそうとすると出血することがあります。亀頭を露出して戻せないカントン包茎を起こすと、亀頭が締め付けられて腫れを起こすかもしれません。力を入れずに優しく洗いましょう。

矯正器具で包茎を改善する方法

子どもの頃であれば、毎日少しずつ包皮を剥いて包皮を広げる改善方法がありますが、大人になってからは、包皮を剥くクセをつけるために矯正器具を使用する人がいます。 通販で安く売っていて誰でも購入でき、自宅で気軽に取り組める改善方法として選ばれているようです。 矯正器具はペニスにリングを装着するタイプや、包皮をテープで固定するタイプ、下着に装着するタイプなど使い方はさまざまです。

矯正リングの効果

矯正リングは矯正器具でも人気のあるタイプで、リングをはめている間だけ包皮を下ろした状態を維持できます。しかし、包皮が余っている状態を改善できるわけではないので、リングを外せば元に戻ってしまいます。衛生的にも毎日取り外しが必要です。 包茎の改善ができるかどうかは個人差があり、医学的に見て治せる根拠はありません。包皮を剥くときに抵抗がある包茎では、矯正リングを使用するとカントンする危険があり注意が必要です。痛くて包皮が全く剥けない場合には、早めに泌尿器科で相談するようにしましょう。

包茎を改善するなら手術が安心

矯正器具を使った方法は、手術よりも安いですが、包茎を確実に改善できる方法ではありません。身体へのリスクも伴うため、安全性のある方法を選びたいのであれば手術が適しています。手術だと費用はかかりますが、包茎を治せるエビデンスがあり、安全性も高く安心です。専門性の高い医師なら一人ひとりのペニスの状態を測定し、確実に症状を改善できる手術方法を提案できます。

包茎で困ったらノーストクリニックのカウンセリングで相談を受けてみよう

包茎の症状がうまく改善できないときは、ノーストクリニックにお電話ください。包茎の悩みは男性にしか聞けない悩みです。ノーストクリニックでは24時間無料で電話相談を受け付けています。無料カウンセリングでも、包茎の臭いや痒みなどの原因に合わせて改善するためのアドバイスもいたします。包茎手術に関しても心配なことがあればていねいに説明いたしますので、ひとりで悩まずにぜひお話しください。

監修者情報

監修者 田中泰吉

東京ノーストクリニック 総院長

最終学歴
昭和49年 大阪医科大学医学部卒業
昭和49年 医師国家試験合格
職歴
平成02年 田中クリニック 開院
平成11年 田中クリニック 閉院・移転
平成13年 田中クリニック 院長就任
平成13年 田中クリニックを東京ノーストクリニックに名称変更
平成15年 医療法人 八龍会 なかみどりクリニック 勤務
平成24年 東京ノーストクリニック 総院長
平成26年 医療法人 八龍会 なかみどりクリニック 管理者就任
平成27年 東京ノーストクリニック 梅田院 非常勤就任
著書
男のためのノースト最強治療法 | 田中泰吉 (著)

関連記事