シリコンボール挿入術

女性を更に満足させたい、男であればだれもが思うことです。
ノーストクリニックはそんな男性の悩みを解決するために女性を満足させるための治療を行っております。 より良いセックスライフを求めている男性は、ノースト式シリコンボール挿入術で男としてのパワーアップを図りましょう。

包茎手術専門院ならではの先端技術について


ノースト式シリコンボール挿入術

治療時間20分で逞しさを手に入れる。

ペニス陰茎部の皮下に、違和感のない医療用ソフトシリコン素材で出来た直径8mmのボールを、数ミリの切開にて挿入します。 女性に強い刺激を与えることができるので、パートナーとのより良いセックスライフを求める方におすすめです。

注意点

治療後、患部に痛みや腫れがなくなれば性交渉が可能です。
目安として3~4週間後から可能です。

「ノースト式シリコンボール挿入術」+「包茎手術」を同時に行うことも可能です

通常、3個のシリコンボールを、ペニスを上から見て、亀頭冠(カリ)の下に近い場所に2個と陰茎部の中心に1個配列する形(※上図参照)が、最も女性に快感を与えることができるとされています。
この手術は「包茎手術」と同時に行うことが可能です。


シリコンボールについて

安全性

東京ノーストクリニックのシリコンボールは、ペニスへの挿入に適したシリコン素材で作られたボールです。
そもそもシリコンとは体内に吸収されない成分であり、カラダへ無害な成分です。
そのため、挿入や除去などによって性器のパワーアップを行えます。
セックス時において、シリコンボールが女性の快感をより高め、ココロとカラダも満足度をアップさせます。
シリコンボール挿入とシリコンボール除去の両方をご用意しているため、デザインを変更でき、セックスのマンネリ化を防ぐことができます。


シリコンボールまとめ

ノースト式シリコンボールを挿入すると女性の快感をより高めることができる。
女性を満足させる自信がつく。
マンネリ化したセックスを防ぎ、女性を更に満足させることができる。
術後のケアが必要。

監修者情報

監修者 田中泰吉

東京ノーストクリニック 総院長

最終学歴
昭和49年 大阪医科大学医学部卒業
昭和49年 医師国家試験合格
職歴
平成02年 田中クリニック 開院
平成11年 田中クリニック 閉院・移転
平成13年 田中クリニック 院長就任
平成13年 田中クリニックを東京ノーストクリニックに名称変更
平成15年 医療法人 八龍会 なかみどりクリニック 勤務
平成24年 東京ノーストクリニック 総院長
平成26年 医療法人 八龍会 なかみどりクリニック 管理者就任
平成27年 東京ノーストクリニック 梅田院 非常勤就任
著書
男のためのノースト最強治療法 | 田中泰吉 (著)
フリーダイヤル