1. 包茎手術の東京ノーストクリニック HOME
  2. 包茎手術 お役立ち情報
  3. これってカントン包茎?
    締め付けの危険性と治し方について

これってカントン包茎?
締め付けの危険性と治し方について 投稿日:2022年3月21日

カントン(嵌頓)包茎が原因で困ったことはありませんか?カントン包茎は自分で治すことは難しく、万が一のときにどのように対処すれば良いのか知っている人は少ないものです。本記事では、カントン包茎とほかの包茎との違いや、カントン包茎によるリスクについて解説します。もしものときにどう対処したら良いのか、またカントン包茎を自分で治すことについてのリスクもご紹介します。

カントン包茎とは

カントン包茎は包皮の出口が極端に狭くなっていて、包皮を剥いたら亀頭と陰茎のあいだのくびれた部分に引っかかってしまい皮が戻らなくなってしまう包茎のことです。 勃起していない状態では亀頭が出てくるため、仮性包茎のひとつとして分類されます。カントン包茎は包皮口が陰茎の外周よりも狭く、勃起した亀頭は出せません。多少は亀頭を出せたとしても、全ては出せないという状態です。 無理やり亀頭を出すと、包皮の口で亀頭の下が締め付けられて元に戻せなくなることがあります。この状態を医学的に「嵌頓(かんとん)」といい、カントン包茎の名前の由来です。

真性包茎や仮性包茎との違い

カントン包茎は真性包茎とは異なり、亀頭を出すことができます。しかし、仮性包茎のように簡単には亀頭が出せず、痛みや出血を伴うことがあります。 真性包茎の場合は、平常時も勃起時も常に包皮をかぶっていて、自分では亀頭を出せないのが特徴です。 一方で、仮性包茎は平常時には包皮をかぶっていても、勃起や手で簡単に亀頭を出せます。包皮口が狭く亀頭を出すときに抵抗がある仮性包茎の場合には、亀頭が戻せなくなってカントンの症状が発生するケースがあります。 こういった症状は包茎を治すために包皮を剥く癖をつけようと、矯正グッズを使って無理やり亀頭を出すときになどに起こります。治そうと意識していなくても、亀頭が出た状態で勃起してしまうとカントン状態になってしまうこともあるので、常に生活する中でも注意が必要です。

カントン包茎の原因は包皮輪狭窄

包皮輪狭窄(ほうひりんきょうさく)は、包皮の内径が狭くなっている部分です。包皮輪狭窄のある包茎は、通常の状態では亀頭を露出できますが、勃起している状態では出せません。包皮輪狭窄が強いにもかかわらず無理やり亀頭を出すと、亀頭の下が締め付けられて包皮を元の位置に戻せなくなりカントン状態になります。 包皮輪が狭くなっている包茎を「包皮輪狭窄型包茎」といい、医学的には仮性包茎のひとつに分類されます。カントン包茎とよく似た特徴を持っていますが、この2つの包茎は別のものです。包皮輪狭窄があっても亀頭が包皮の中に戻せれば「包皮輪狭窄型包茎」で、包皮輪狭窄によって亀頭が戻せないものを「カントン包茎」といいます。 包皮輪狭窄はカントン以外にもさまざまな問題を起こします。狭窄が強い場合には痛み以外にも、健康や精神面にさまざまな影響を及ぼすことが分かっており、早めに治療することが望ましいといえます。

炎症や感染症など病気にかかりやすい

包茎に狭窄があると、包皮の内側や亀頭が洗いにくく、垢や汚れが溜まりやすくなります。包皮の中は常に温かく湿っていて、細菌が繁殖しやすい環境です。これにより亀頭や包皮はもちろん、尿道や膀胱、精巣などに感染症を引き起こすことがあります。 不衛生なペニスで性行為をすると、相手の女性が膣炎や性感染症を発症するかもしれません。女性側が包茎に関しての知識を持っていない場合、扱い方や臭いなどの不安から性行為に消極的になっていく可能性があります。性行為の前にペニスを洗っても細菌をきれいに除去しにくいので、感染症の原因になることも考えられます。

ペニスの発育阻害を起こす

ペニスは体の成長とともに大きく太くなります。しかし、包皮輪狭窄があると勃起がうまくできず、成長が妨げられてサイズが小さくなる傾向があります。とくに亀頭が発達しにくく、包皮輪狭窄のあるペニスは亀頭が出ているペニスより先細りしている傾向が強いです。 ペニスが小さい男性は自分の性器に自信が持てなくなってしまうということが起こります。人前で裸になることを過度に恐れたり、女性に対しても消極的になったりするので、性欲の減退や勃起不全に発展していきやすいでしょう。

性行為が円滑にできない

カントン包茎では性行為がうまく行えないことも問題です。性行為は包皮が剥けていなくてもできますが、皮が邪魔をして性行為で満足感が得られにくく、勃起によって痛みが生じると勃起が維持できません。行為中に皮が剥けるとそのまま嵌頓してしまうことがあり、機能的な役割を果たしにくいでしょう。

カントン包茎のリスク

カントン状態であっても腫れや痛みがなければ良いというわけではありません。包皮輪狭窄が自然には治ることはほぼありません。放置していると勃起したときに締め付けられて、腫れやうっ血する危険性があります。カントン包茎の場合できるだけ早く医療機関を受診しましょう。

痛み

亀頭を出して勃起してしまうと、締め付けられて激しい痛みにおそわれます。性行為の最中にカントンを起こしてしまい、包皮輪の締め付けによって陰茎の痛みや包皮を引き裂かれるような強い痛みにより性行為は中断せざるを得ないでしょう。

腫れ

カントン包茎になると包皮がドーナツのように腫れて皮を戻しにくくなります。さらに、締め付けられた亀頭はリンパ液や血液の流れが悪くなり、先がむくんで腫れてきます。小さなミカン程度まで腫れてしまうと、もう自力で戻すのは難しいでしょう。

亀頭が壊死する

循環が悪くなった状態が続くと、とても危険です。細胞が酸素不足で死滅して、亀頭そのものを失う恐れもあります。もしカントンを起こしてしまったら、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。

カントン包茎を自力で治すのは危険

カントン包茎を治すには、締め付けの原因となっている包皮輪の狭窄をなくすことです。 自力で包皮を広げる方法として、よく「包皮を剥くトレーニング」や「市販の矯正器具」が紹介されていますが、これら方法でカントン包茎は治そうとするのはおすすめできません。むしろ包皮に傷がつき、出血などのリスクが高く危険です。

子どものうちは包皮口を広げる方法がある

10代の子どものうちであれば、ステロイドの軟膏で包皮を柔らかくして入浴の際に毎日少しずつ皮を剥くトレーニングや、病院で包皮の先端をゆっくり広げる治療もあります。 子どもの頃は皮が伸びやすく、治療をしなくてもペニスの成長とともに包皮輪が広がって、自然と皮が剥けるようになる場合もあります。しかし、大人の皮膚は伸びにくくなっているので、包皮口を伸ばし広げる方法で治すのは難しいでしょう。

自力で包皮口を広げると裂傷や包茎悪化も

インターネット上では自力で包皮輪を広げるための器具が売られており、気軽に購入することが出来てしまいます。しかし、勃起するだけでも痛い状態で、さらに包皮輪を広げる痛みを伴うのはかなり辛い状況です。包皮が裂けて出血してしまう可能性もあります。 細菌が多く潜む包茎では、小さな傷でも炎症を起こしやすくなります。炎症を起こした後の皮膚は硬さを増していくため、さらに包皮輪狭窄を悪化させるリスクがあります。 恥ずかしいからと自分でどうにかしようとすると、取り返しのつかない事態に発展する可能性があります。医療者はプロなので恥ずかしがることはありません。手術を受ける方が確実に締め付けを解除できて、その後の生活も安心できます。

カントン包茎の手術について

カントン包茎による腫れを起こした状態は、緊急性の高い状態として判断される場合が多く至急手術になります。性行為やオナニーでいつの間にかカントンになってしまった場合には、心の準備ができていないまま手術を受ける可能性もあります。 勃起の際に締め付けを感じるようであれば、包茎手術のできるクリニックを探しておき、事前に手術について相談しておくと万が一のときにも安心です。できれば一般の泌尿器科よりも包茎手術経験豊富な専門のクリニックを選ぶことをおすすめします。

手術の方法

カントン包茎の手術では、余っている皮を切除して縫い合わせる基本的な包茎手術と合わせて、締め付けを起こす包皮輪狭窄をなくす「絞扼輪解除(こうやくりんかいじょ)」も必要です。包皮が狭くなっている部分をメスで切って、しっかり広げて再びカントンにならない状態にします。 手術で切る・縫うとイメージすると痛みが気になると思いますが、カントン包茎による手術は局所麻酔をして行います。術後の痛みは内服でコントロールできる範囲なので、日帰りの治療が可能です。手術後に包帯で固定をしたら、次の日から自分で消毒をします。手術後は3週間程度、オナニーや性行為はできなくなります。 一般的な泌尿器科病院での手術は保険が適用され費用負担額を抑えることができますが治療のみが目的となるので、仕上がりの見栄えなどは考慮されません。術後は陰茎がツートンカラーになり、包皮がねじれて仕上がることが多く、手術による見た目がコンプレックスになることがあります。泌尿科の手術を受けた後、見た目を整えるために包茎専門の美容外科クリニックで修正手術を希望する人もいるほどです。 自費の包茎手術を行っているクリニックでは、カントン包茎になっていない状態でも治療が可能で、包皮輪狭窄の程度やペニスのサイズ、包皮の厚みなどからバランスの良い自然な状態に仕上げることができます。カントン包茎を起こす前に予防的な治療をしたい場合や、見た目にこだわりたい場合には自費の治療がおすすめです。

手術費用

カントン包茎は危険な包茎のため、一般泌尿器科で手術するのであれば保険が適用される場合もあります。保険適用の包茎手術は1万円前後のことが多く、診察代や薬、入院費などを合わせると総額で5~8万円程度です。しかし、仮性包茎よりも複雑な手術になるため、追加費用がかかる場合もあります。 見た目をきれいに治したい場合には自費での治療となり10万円以上が必要です。見た目を整える手術に関してはクリニックごとに価格の差が大きく、美容・包茎クリニックでは色々なオプションをつけることができます。 費用に関しては、手術の内容や麻酔代、診察代などをしっかり明示しているクリニックであれば分かりやすいでしょう。ただ、手術は費用で決めるのではなく、カウンセリングを受けながら自分の理想の状態に近づける方法を選ぶようにすると、後悔が少ないはずです。

カントン包茎になる前に手術を受けるメリット

カントン包茎は基本的に治療が必要ですし、「いつカントン状態になってしまわないか不安だ」と感じているなら、早めに手術を受けることをおすすめします。手術は自由診療のため高額に感じてしまいますが、多くのメリットがあるのも事実です。

痛みへの不安がない

包皮輪狭窄がなくなることで、勃起する際に感じていた痛みがなくなります。また、亀頭を露出しやすくなって包皮も簡単に洗えるようになり、炎症が起こりにくくなります。普段の生活でもストレスが減るでしょう。

性行為が楽しめる

亀頭が露出しやすくなり、マスターベーションや性行為での不安が解消されます。さらに、皮によって感じにくくなっていた状態もなくなって感度が増します。衛生的に整うことで、女性側に臭いや感染症を気にされにくくなるので安心できるはずです。お互いにスッキリとした気持ちで性行為に集中でき、より2人の時間を楽しめるようになるでしょう。

自信がつく

皮をかぶった状態のペニスをコンプレックスに感じていたのであれば、手術で見た目が解消されれば堂々と振る舞えるようになれるということです。しかし、カントン包茎を治療したことがまるわかりの状態では、逆に見た目の自信を失いかねません。自然な見た目に仕上げることでペニスの見た目への自信がつき、さまざまなことに対して積極的になれるはずです。

カントン包茎の手術は高校生から受けられる

子どもの頃はみんな陰茎が小さく、ほとんどの人が皮をかぶった真性包茎です。成長とともに包皮口が広がっていきますが、勃起をするときに締め付けや痛みを感じるようになれば、カントン包茎になる可能性があります。 カントンを起こしてしまうと亀頭が壊死する恐れもあるため、締め付けを感じるようなら15才を過ぎたあたりで早めに医療機関に相談しましょう。とくに性行為への不安があるなら、カントンを起こす前に手術しておくと安心です。

まとめ

カントン包茎は包皮輪が狭いことによって起こり、自力で包皮輪を広げるのはリスクがあるということを紹介させていただきました。カントン状態になってしまうと血行障害が起こるため、早く受診して手術する必要があります。カントン包茎は健康保険が適用されれば費用を抑えることができますが、仕上がりの見た目には満足できないかもしれません。 ノーストクリニックでは、美容形成術のテクニックを採用した自然な仕上がりが可能です。ペニスのサイズや包皮輪の狭窄程度、包皮の厚みなど貴方の包茎に合わせた質の高い手術を行います。お悩みや不安は24時間ご相談できます。カントン包茎や手術後の見た目に悩まされない毎日を一緒に目指しましょう。

監修者情報

監修者 田中泰吉

東京ノーストクリニック 総院長

最終学歴
昭和49年 大阪医科大学医学部卒業
職歴
平成02年 東京ノーストクリニック大阪院 院長
平成24年 東京ノーストクリニック 総院長

関連記事

フリーダイヤル