1. 包茎手術の東京ノーストクリニック HOME
  2. 包茎手術 お役立ち情報
  3. 包茎治療で早漏が治る?タイプ別の対策を紹介

包茎治療で早漏が治る?タイプ別の対策を紹介 投稿日:2022年7月1日

男性であれば「包茎の人は早漏」という噂を聞いたことがあるでしょう。実際に包茎だと早漏になりやすいことは事実ですが、包茎だからといって100%の人が早漏ではありません。本記事では早漏のタイプや自力で早漏を改善する方法、早漏を治す手術について紹介します。早漏でお悩みの方だけでなく、包茎の方も参考にしてください。

早漏には3つのタイプがある

早漏は自分で射精をコントロールできず、早く射精をしてしまう状態を指します。早漏の人は「挿入から非常に短時間で射精してしまう」「挿入する前に射精してしまう」ため、女性との関係がうまくいかなかったり性行為を苦手に感じたりすることがあります。できればもう少し持続力が欲しいと思っている方は多いと思いますが、早漏を改善するためには自分の早漏タイプを知っておくことです。

過敏性早漏

早漏の原因の多くが過敏性タイプです。亀頭の粘膜が刺激に対して敏感な状態で、脳が快感を感じ取れていないのに射精してしまいます。とくにまだ摩擦の刺激に慣れていない若い男性に多い症状です。 また、包茎の人もこのタイプに分類されます。包茎のペニスは陰茎や亀頭が普段から包皮に保護されていて、直接的な刺激に慣れていません。皮が剥けているペニスよりも、挿入時の刺激に対して敏感に反応して早く射精してしまいます。包茎を治して刺激に慣れていけば、徐々に早漏が改善できます。

心因性早漏

心因性早漏は不安感や緊張感で射精してしまうタイプです。通常であればペニスに刺激が伝わることで脳が徐々に興奮して射精するのですが、心因性には直接的な刺激は関係ありません。失敗に対する「恐怖心」やコンプレックスなどの「羞恥心」から、強い不安や緊張を感じると交感神経が興奮して射精をしてしまいます。

衰弱性早漏

衰弱性早漏は、加齢による筋力の低下で射精を我慢できなくなるタイプです。筋肉が衰え始める40~50代頃に症状が出始め、あまり体を動かす習慣がない方に多いです。若い頃のように射精をコントロールできなくなり、早いタイミングで射精してしまいます。

早漏は自力でも改善できる?

心因性早漏はトラウマやストレスの原因を解決することで早漏を治すことが出来るでしょう。 また、過敏性であれば、厚めのコンドームを使用することで早漏を予防できが、それでは早漏を治したことにはなりません。過敏性や衰弱性早漏を克服するためのトレーニングがあるので過敏性と衰弱性それぞれの、自力でできる簡単なトレーニングをご紹介します。 トレーニングですぐに早漏が改善するわけではありませんが、続けることで持続時間が延びる可能性はあります。

射精トレーニング

過敏性早漏の方には射精トレーニングの「スクイーズ法」があります。射精する感覚をおぼえてもらい、自分でコントロールできるようにする方法です。 ①マスターベーションのときに時間をかけて亀頭を刺激します ②射精しそうになったら手を止めて鼻で深呼吸をします ③落ち着いたら再開するといった工程を5回ほど繰り返します トレーニング中に射精を我慢できないときには、亀頭の根元を人差し指と親指で軽く圧迫します。 もしパートナーがいて早漏について理解が得られるのであれば、お互いに手で刺激し合って刺激に慣れていく「セマンズ法」もできます。

骨盤底筋を鍛える

衰弱性早漏の人は射精をコントロールするために「骨盤底筋」を鍛えましょう。骨盤底筋の筋力がつけば、勃起を維持することができるようになり、EDの予防にもなります。 ①仰向けに寝て膝を立てた状態で足を肩幅に開く ②お腹に手を当て、肛門や尿道を締めるように意識して5秒間力を入れる ③そのままの姿勢で5秒間リラックスする ④①~③を1分間続けて、10回行う(10分間) 椅子に座った状態や机に手をついた状態で行うとより効果的です。力を入れるときには呼吸を止めないようにしましょう。

ノーストクリニックの早漏治療

過敏性早漏は原因に合わせた手術で治せます。トレーニングを続けていても、一向に改善しない、すぐに確実に治したいといった場合は手術による早漏治療を検討しましょう。ご希望によっては、そのほかの治療を複数組み合わせることもできます。

包茎手術

包茎の人はまず包茎手術を受けてみましょう。包皮を取り除いて亀頭が刺激に慣れてくれば、早漏が改善されやすくなります。また、包茎で悩んでいる人が手術をするとコンプレックスが解消されて早漏が改善するケースもあります。ペニスの見た目を自信が持てるようになることで、心因性早漏の根本的な原因を取り除くことができるのです。

亀頭強化

包茎ではく、亀頭が刺激に弱いという方には「亀頭強化術」があります。亀頭にヒアルロン酸やコラーゲンなどを注入して増大させる手術です。亀頭部の皮膚が瘢痕化(はんこんか)し、厚みが出て硬くなります。手のひらや指にマメやタコができるのと同じで、刺激に対する感覚が鈍くなり早漏が改善できます。ペニスのサイズが大きくなって女性の満足感や男性としての自信にもつながります。

まとめ

ノーストクリニックでは「包茎手術」と「亀頭増大術」を同時に受けられます。繊細で正確な美容形成のテクニックで、手術をしたことがほとんど分からない見た目に仕上げます。アフターケアをしっかりと行っているので、入院や手術後の通院も必要ありません。早漏治療について知りたい方はフリーダイヤルからお気軽にお問い合わせください。

監修者情報

監修者 田中泰吉

東京ノーストクリニック 総院長

最終学歴
昭和49年 大阪医科大学医学部卒業
昭和49年 医師国家試験合格
職歴
平成02年 田中クリニック 開院
平成11年 田中クリニック 閉院・移転
平成13年 田中クリニック 院長就任
平成13年 田中クリニックを東京ノーストクリニックに名称変更
平成15年 医療法人 八龍会 なかみどりクリニック 勤務
平成24年 東京ノーストクリニック 総院長
平成26年 医療法人 八龍会 なかみどりクリニック 管理者就任
平成27年 東京ノーストクリニック 梅田院 非常勤就任
著書
男のためのノースト最強治療法 | 田中泰吉 (著)

関連記事