仮性包茎とは

仮性包茎…むく事に支障はないが、皮に余りが多くかぶってしまう

常時(非勃起時)は亀頭部に包皮がかぶっていますが、手でむけば容易に亀頭を露出させる事のできる状態の包茎です。

常時(非勃起時)は亀頭部に包皮がかぶっていますが、手でむけば容易に亀頭を露出させる事のできる状態
デメリット

もっとも多い状態の包茎です。
勃起していない時は他の包茎同様に包皮が亀頭に被っていますが、手で剥けば簡単に亀頭を露出できる状態です。
通常時は、亀頭が包皮に守られているため、雑菌が繁殖しやすく不衛生であるだけでなく、自力で治そうと剥いた状態にすると、たちまち陰毛が亀頭と包皮に絡まり亀頭を傷をつけるため包皮や亀頭周囲に炎症などを起こす可能性があります。

包茎手術の流れについてはこちら
フリーダイヤル